HOME>オススメ情報>法人が契約する上で要チェックのポイントとは

法人・ビジネス向けのサービス

女性

賃貸事務所は言葉通り、ビジネス用途のオフィススペースをレンタルできるのが最大の特徴です。居住用のマンション・アパートも賃貸借契約を結ぶ点では同じですが、これらは特約で営業利用が明記されていないと、事務所として使うのは困難です。基本的に賃貸借物件は用途が決まっており、居住用なら生活に使うのが一般的。勝手にビジネスオフィスとして使っていると、契約違反となり解約されるおそれもあります。このようなリスクを避けて、後顧の憂いなく利用するなら賃貸事務所を選ぶようにしましょう。こちらは最初からビジネス向けに提供されているため、法人が営業目的で使用しても問題ありません。

イニシャルコストを抑制できる

間取り図

賃貸事務所は自社所有の物件を調達する場合に比べて、イニシャルコストを抑制できるのが最大のメリットです。月額の費用は掛かりますが、事務所を開設するための初期負担が少ないため、運転資金を確保できるのは魅力的です。特に人通りが多い人気のエリアを選ぶと、自己所有の物件は高額になりますが、賃貸事務所だと利益を確保できる見通しがあるかもしれません。大規模な事業にももちろん対応がありますが、コンパクトな経営を目指すなら要検討でしょう。

信頼性とセキュリティ面でも有利

説明を受ける夫婦

賃貸事務所は近年話題のレンタルオフィスに比べて、セキュリティ性が高いのが魅力です。特に他社の人間が近くにいるとリスクが高い業種では、賃貸事務所は好都合。話の内容を第三者に聞かれてしまうリスクを避けられます。また比較的自由に内装を工事できるので、自社にあった設えを用意できます。このようにしっかりとした事務所を用意している分は、事業に関する情熱や本気度が相手に伝わりますから、信頼面でもアドバンテージを得られるでしょう。

広告募集中